東京大賞典(とうきょうだいしょうてん)とは
特別区競馬組合が大井競馬場のダート2000mで施行する地方競馬の選定馬重賞(GI)競走である。

1955年に秋の鞍の名称で創設され、当初は現在の東京ダービーである「春の鞍」と並ぶ大井競馬場の大レースとして位置付けられていた。
1964年に現在の東京大賞典へ名称を変更し、2011年からは地方競馬としては初となる国際競走として施行され、格付けも国際GIに変更された。なお、ダートのチャンピオンディスタンスである2000mで施行される日本唯一の国際GI競走であるという点でも非常に意義のあるものである。

1999年以降は開催日が12月29日に固定され、中央競馬の有馬記念よりも後に行われるようになったことから地方競馬のみならず日本競馬全体の1年をしめくくるグランプリ競走として中央競馬のファンにも定着している。

【東京大賞典】
■ 開催地 大井競馬場
■ 格付け GI
■ 距離 ダート2000m
■ 負担重量 定量(3歳55kg、4歳以上57kg、牝馬2kg減)
■ 出走資格 サラ系3歳(旧4歳)以上の競走馬でフルゲート16頭の内、外国調教馬は8頭まで出走可能。
外国調教馬の出走状況によってJRA所属馬は6頭まで、南関東所属馬は7頭まで、南関東以外の地方競馬所属馬は3頭まで出走できる。また、トライアル競走の浦和記念(統一JpnII・浦和競馬場ダート2000m)を南関東以外の所属馬が2着までに入線し本競走への優先出走権を得た場合、南関東所属馬の出走枠を減らすことが定められている。
【トライアル競走】
競走名 格付 施行競馬場 施行距離 優先出走権
勝島王冠 南関東SIII 大井競馬場 ダート1800m 1着
浦和記念 JpnII 浦和競馬場 ダート2000m 1・2着
(地方馬のみ)

※ 浦和記念で南関東所属馬以外の地方競馬所属馬が1着・2着に入線した場合、東京大賞典への優先出走権を南関東所属馬の出走枠を減らして与えることが定められている。