勝島王冠

勝島王冠(かつしまおうかん)とは
地方競馬の大井競馬場ダートコース外回り1800mで行われる南関東SIIIの重賞競走である。

2009年に大井競馬場のサラブレッド系3歳以上の南関東所属馬限定の別定のダート1800mの南関東重賞(SIII)競走「勝島王冠」として創設。優勝馬には東京大賞典への優先出走権を付与するなど、東京大賞典へのステップレースとしての役割が期待されている。
レース名称は大井競馬場の所在地、品川区勝島に由来する。

勝島王冠
■ 開催地 大井競馬場
■ 格付け 南関東SIII
■ 距離 ダート1800m
■ 賞金内訳 1着:1300万円 2着:455万円 3着:260万円 4着:130万円 5着:65万円
■ 出走資格 サラブレッド系3歳以上の南関東所属馬
■ 負担重量 別定重量
基本:A1級格付け馬は57キロ、A2級格付け馬は55キロ、A3級格付け馬は54キロ、B級以下格付け馬は53キロで、牝馬は2キロ減
更に過去ダートグレード競走、JRA重賞競走及び南関東重賞競走優勝馬は1キロの負担が課せられる。但し、2歳時のグレード・グループ優勝は対象外。

【本競走からの東京大賞典優勝馬】

創設当初から東京大賞典の前哨戦として施行されているが、2009年に優勝した船橋のセレンの4着入賞が最高で、優勝馬はまだ出ていない。

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

公開日:
最終更新日:2016/10/24